漢字一文字の訓読みの長~い読み方集です。4文字以上で読む長い訓読みを拾い集めて解説しました。

4文字の漢字

【諺】 ことわざ


ことわざです。
鋭い諷刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉の事。

「犬も歩けば棒に当たる」「馬の耳に念仏」などなど。



【拇】 おやゆび


親指のこと。

おとうさん指なんていいますね。
親指


【侍】 さむらい

古代から中世にかけての日本における官人の身分呼称。武士

さぶらうひと(従う人)という意味です。
侍晴れ姿 緑


【盃】 さかずき

主に日本酒を飲むために用いる器のこと。

杯とも書きます。


この盃の値段を見よ!高いぞ!


【杯】 さかずき

主に日本酒を飲むために用いる器のこと。

「盃」とも書きます。


こちらはスカイツリー開業記念の金の盃!


【丼】 どんぶり

大きめの食器のこと。丼鉢

または、大きめの食器にご飯を盛って、その上に総菜を載せた料理。丼飯
丼本―3ステップで作れる簡単で旨い丼レシピ厳選50 (TWJ BOOKS)


寿

【寿】 ことぶき


おめでたい字です。結婚や長寿を表します。

「壽」とも書きます。

還暦 長寿祝着 ≪ 鶴亀文様・中綿入り 高級ちゃんちゃんこ 5点セット 豪華化粧箱付 ≫  【風呂敷包装サービス実施中】 還暦用 赤色 赤い 祝い着


殿

【殿】 しんがり

退却する軍隊の列の最後尾のこと。

転じて、行列などの最後尾のこと。


【公】 おおやけ

国や官にかかわること。
個人の立場を離れて全体にかかわること。社会。公共。世間。

「大宅(おおやけ)(大きな家)」の意から、皇居・天皇・朝廷、さらには公共の意に転じたことばです。


【源】 みなもと


物事のおこりはじめるもと、おこり。川などの流れでるもと。

源頼朝・源義経など由緒ある名字でもあります。
源 頼朝 鎌倉幕府を開いた源氏のリーダー (学習漫画 日本の伝記)

現在では源姓を持つ人は4,000人程だそうです。

源静香さんはそのひとり。(ドラえもんより)




Page: <<前の10件  2 < 3 < 4 < 5 < 6 < 7 < 8 < 9 < 10 < 11  次の10件>>

RSS2.0